Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

ハイテク過食症―インターネット・エイジの奇妙な生態

ハイテク過食症―インターネット・エイジの奇妙な生態
iOS12からScreen Timeという、どのようなカテゴリ、あるいはアプリにどれくらいの時間を費やしているのかを集計、サマリーする機能が追加された。Android Pieでも、Digital Wellbeingとして、同様の機能が追加されるという。
いわゆるスマホ中毒的な話題は、今に始まった事象ではなく、情報過多の始まった90年代から言われ続けていることだ。1998年に発行された本書のタイトルである「ハイテク過食症」は、スマホ中毒に通じるニュアンスがある。

本書の原題は「DATA SMOG」であり、多様で雑多に増え続ける情報を指している。一方、副題は「SURVIVING the information glut」。邦題の過食症に通じる部分であると同時に、情報に依存するあまり的確な処理ができず、判断力をも失ってしまう人々が増加している、という主旨、警鐘に通じている。

1998年は、ダイアル・アップでのインターネット接続が一般的になってきたころ。2000年以降からのADSL普及とそれに続く光回線によるブロード・バンド化の波、さらに2010年代のスマホ普及を経て、情報洪水は2018年現在も減ることはない。本書の扱う話題に古さはあったとしても、その本質は現代社会の事象にも通じている。

本書では「情報スモッグの法則」として13の法則を取り上げ、その法則がどのような事象を指し示しているのかを提示し、最後にそれらに対する処方箋を提示している。代表的なものとして、次の法則が挙げられる。特に6、10はDeNA社のWELQ事件、Facebook個人情報流出や営利目的利用、あるいは電子決済と信用スコア連携のような、2018年にも通じる話題だ。

情報スモッグの法則

かつてはキャビアのようにありがたがられた情報も、情報過多の現代にあってはジャガイモのように取り扱われている。
教室という教室にコンピュータを設置するのは、家庭という家庭に発電所を設置するようなものだ。
情報業界が売っているのは情報技術ではなく、情報不安心理である。
多すぎる専門家は明快さを損ねる。
ヴァーチャルな世界でも類は友を呼ぶ。
10 信用情報機関があなたをひそかに見張っている。

そして処方箋として、次のことが挙げられている。
1.情報を取捨選択する。

  • テレビのスイッチを切る。
  • 断片的なニュースを退ける。
  • 電子メールの使用は最低限にする。
  • 宣伝広告を避ける。
  • アップデートやヴァージョンアップに熱中しない。
  • 情報ダイエットで摂取量を調整する。

2.情報を編集する。

  • 情報発信を最小限にとどめる。

3.シンプルに

  • 情報の受信と発信が人生ではない。
  • ハイテク技術ばかりに依存した生活を送らない。
  • たくさんの情報よりも、体系化された知識を。
  • 明確な目的を持つ。
  • 意味の無いことにできるだけ惑わされない。

4.脱ニッチ化

  • 専門性の殻を破る。

テレビのスイッチを切るどころか、いまやテレビを持たない世帯も増えている。とはいえ、それはインターネット配信やSNSなどに取って代わられただけで、本質的な状況に変化はない。
いずれも情報受信の制限に集中しているのだが、自らの情報発信にも注意を向けたい。自ら発信したメッセージの既読やRT、いわゆる「いいね」など、発信に対する反応への依存も、特にスマホ中毒一因ではないかと考えるからだ。あるいは、その情報発信が情報過多の片棒を担いでいることにつながっていることもあり得る。

対象を絞り込んで目的を定め、検索によって得られた断片的な情報、雑多な情報ではなく、体系的な情報に基づいて自ら考えることを習慣にする、という結論にたどり着くだろうか。
そして、遊び心を忘れて医はいけないようだ。本書の内容に通じるニュースと、その引用を紹介しておく。
japan.cnet.com

    • ハイテク企業には、熱心にガジェットを買っているADT患者がたくさんいるように思えますが、いかがですか。

そうですね。ただし、彼らはそういうガジェットにノーということもできます。私が彼らを大好きな理由はまさにそこにあります。彼らは遊び心に溢れています。遊ぶことはADTを治す薬の1つです。彼らはADTの状態から抜け出したり、それを回避することもできます。この分野で最も大きな苦しみを味わっているのは、技術オタクの創造力を持たない人たちで、彼らは単に力ずくで進んでいるだけといえるでしょう。

ハイテク過食症―インターネット・エイジの奇妙な生態

ハイテク過食症―インターネット・エイジの奇妙な生態