Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

2017年劇場版以前の『BLAME!』

BLAME ! [DVD]
これは2006年の投稿で、以前のブログからの移行に際し、加筆、編集したものです。

2017年にNetflix配信、劇場公開される以前、『BLAME!』は2度、映像化が試みられた。1度目はオンライン配信限定のアニメとして、2度目は将来の映画化を見込んだパイロット版として製作されたものだったが、その存在に気付いた一部のファンが、知られざる存在としてチェックする以外、ほとんどのファンには、存在を忘れられたものとなってしまった。

どちらもイメージ・ビデオ的な映像作品であり、ストーリーらしきものを感じさせる要素はない。単行本中の場面を動画化した、それ以上の期待を持って鑑賞に堪えるものではないのだが、存在を知ったファンにとって、それは一度は観ておきたいものではあるようだ。
「…どうしても抑えることが…ネットスフィアを見たくて…」接続してしまうシボのように、それは、ある意味で『BLAME!』らしい、と言える。

続きを読む

リバランスのタイミングなのか、トレンド変調まで待つべきか。-走り書き。

今晩、昨晩と出席した講座から、今後の資産運用についての思いつきを走り書きする。

昨晩の講座は、毎月出席しているもので、経済学者が講演する。話題はいつもと大差ないものだった。印象に残ったのが、講師の一言だった。要旨は次のようなことだった。

40年以上マーケットに関わり続けてきた。これまでは良識、常識のようなものが存在していたが、現在のマーケットには常識がないように見える。

確かに8月21日に、グローバル市場が同期しており、全資産で損失を出す危険について報道されていた。
www.bloomberg.co.jp

今晩の講座は年に1~2回開催されるもので、ファンド・マネージャーが講演する。PMIの推移、東証上場企業の四半期売上高、営業利益の比較推移のチャートに基づいて、次の話題が提供された。

  1. 現状は2015~16年ごろの状況に似ている。
  2. 当時と現在の大きな違いは米中貿易戦争、日韓関係。
  3. チャートの周期を辿れば、4~5半期で回復の兆しを見せるが、2が大きく影響する。

チャート上の周期を充てにするならば、これから4~5半期先とは2020年後半から2021年あたりだ。現在のトランプ大統領任期も2021年1月までだ。一方、米中貿易戦争はトランプ大統領の再選、中国の姿勢変化を考慮すると、2025年まで続く可能性がある。
昨年からリセッション入りも継続的にささやかれており、投資の節目、特にリバランス、あるいは長期積み立てを再考すべきタイミングなのかもしれない、と言うことを強く感じた。

続きを読む

「'」のエスケープは忘れずに

このブログの読者、その多くはサラリーマンだ。ビジネス・アワーにオフィスから、検索エンジンを通じてアクセスする人が多い。担当業務に活用したい情報を求めてアクセスしているのだろう。

Windows関連のスクリプトに関する情報には、毎日数件のアクセスがある。日々のアクセス数は少ないものの、いわゆるロングテールとして長い間、アクセス流入の一つとして存在感を示している。
昨晩、20:00-24:00にかけて、旧ブログ該当エントリへの集中的なアクセスを見つけたので、このブログへ移行することにした。該当エントリは2005年の投稿だ。まだPowerShellは登場していなかった。

WMIをインスタンス化する際、指定するパスに「'」が含まれている場合、インスタンス化に失敗する。これが今回の問題だ。「'」をエスケープしなければならない。

続きを読む

ポーク・チョップ

f:id:espio999:20190814061228j:plain
これは2005年の投稿で、以前のブログからの移行に際し、加筆、編集したものです。

ポーク・チョップと言えば、焼いてグリルしたものにグレービーをかけていただくのが一般的なようだ。肉+グレービーの組み合わせは、私はあまり好きではない。少し甘みのあるべったりした感触のグレービーは、マッシュ・ポテトとの相性は良好だが、肉との相性が良いとは感じない。そのような理由から、私のポーク・チョップは味付けをアレンジしている。

  • 注意
  • 材料
  • 下準備
  • 調理
  • 余談
続きを読む

Hyper-Vでのandroid-x86運用ーandroid-x86のISOブートによる検証

f:id:espio999:20190816002255p:plain
PC上で動作するandroidと言えば、いわゆるエミュレータだ。開発環境に含まれるものもあれば、単体で配布されているものもある。基本的には開発用、特にデバッグに用いられる前提の環境であり、実用においては現実的ではない。起動から動作まで、とにかくパフォーマンスが悪く、日々の更新を保ったまま継続的に運用できる環境でもない。

Android-x86の存在を知った。いわゆるIA (Intel Architecture)マシンにインストールできるandroidだ。この投稿時点でのバージョンはAndroid Oreo相当であり、Pie相当の開発も進められている。
www.android-x86.org

PCにインストールして利用するものだが、ISOイメージやUSBメモリからブートして起動することもできる。PCにインストールできるということは、仮想環境にもインストールできるということだ。早速、Hyper-V仮想マシンをISOブートで動作させてみることにした。機敏な動作ではないものの、エミュレータに比べれば十分実用になる印象だ。

以前紹介したLineage OSよりも導入は簡単だ。Google Playなどは最初から導入済みでインストールされ、インストール後はGoogleアカウントの設定から始まるので、購入したばかりのandroid端末に触れるのと同じ感覚で使い始めることができる。

この投稿ではHyper-Vの環境設定から仮想マシンの作成、android-x86のCDブートまでの手順を紹介する。
なおHyper-VWindows 10 Homeには含まれていない。Homeを利用している場合はProへアップグレードするか、Hyper-V以外の仮想環境を用いる必要がある。例えばVMware Workstation PlayerやOracle VirtualBoxだ。この投稿では、これらに関する話題は取り上げない。投稿末尾にハイパーリンクを掲載しているので、必要なユーザーは各自で対応してほしい。

  • 用語の確認
  • Hyper-Vの有効化、ネットワーク設定
  • ゲストの作成
  • ゲストの設定
  • ゲストの起動、android設定
  • 検証中に確認しておくと良いこと
  • 参照
続きを読む

Intel RST導入済みPCへのWindows 10 May 2019 Update (Windows 10 1903)更新がブロックされるーその強硬的解決

f:id:espio999:20190728114143p:plain
Intel RST (Rapid Storage Technology)という技術がある。RAIDIntel Optaneをはじめとする、ストレージを最適化運用するための技術、それらのドライバを提供するものだ。
特定バージョンのIntel RSTが導入されている場合、Windows UpdateによるWindows 10 May 2019 Update (Windows 10 1903)への更新がブロックされるという障害がある。これは比較的新しい障害で、Microsoftサイトでの最終更新日は、2019年7月26日だ。Microsoftによると15.3.2.1054以降のバージョンでは問題がなく、15.9.6.1044を推奨するとしている。現時点での、Intel RST最新版は17.5.1.1021だ。

Updating to Windows 10, version 1903 on devices with certain versions of Intel® Rapid Storage Technology (Intel® RST) drivers

Intel社サイトでは、最新版もMicrosoft推奨バージョンのどちらも配布している。
インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー
Intel® Rapid Storage Technology (Intel® RST) User Interface and Driver Version: 15.9.6.1044
Intel® Rapid Storage Technology (Intel® RST) User Interface and Driver Version: 17.5.1.1021

Windows 10 1903への更新を検討しているPCにIntel RSTが導入されていたとする。それが推奨バージョンよりも古ければ更新する、あるいは一時的にでも、Intel RSTをアンインストールする必要がある。とはいえ、それでもWindows 10 1903への更新はブロックされてしまうことがある。ブロック時に表示されるのがトップ画像だ。

同様の問題は海外のフォーラム・サイトなどで散見されるのだが、いずれも解決には至っていないようだ。どのページにも具体的な手順が示されていない。この投稿では、リスクを伴う強硬手段も含めて、Intel RSTが導入されている環境でのWindows 10 1903更新手続きを紹介する。

ここで紹介する手順では、Windows 10 1903を導入するため、一時的にIntel RSTを削除することになる。これはWndows 10 1903導入後に改めてインストールしなおすのだが、導入作業中には、Intel RSTを動作させない。そのため個別ストレージ、RAID構成の場合、一時的に標準ドライバで運用することになる。また、Intel Optaneを用いたハイブリッド構成では、ハイブリッド構成を解除する必要があるかもしれない。
これらの前提に支障がある場合、ここで紹介する手順は通用しない。

  • 手順
  • Intel RSTのアンインストール
  • 強硬手段
  • Windows Update動作中、再起動後のスタック、停滞、
  • Intel RSTの再導入
続きを読む

建前上の物価を安定させ、実際の物価を上昇させる。それは賃金上昇、年金支出抑制のため?-ちょっとした思いつき

「2%の物価安定目標の達成を目指す」というのだが、そこでいう物価は消費者物価指数などの指数として表現されている物価を指す。実際の物価はといえば、従前のステルス値上げに加え、人件費と輸送費の上昇によって、すでに2%どころか10%以上、上昇していると思われる。

例えば日清カップヌードルは実売120円程度であったが、先日から140円程度で販売されている。また単純な値上げではなく、ステルス値上げでもない、コスト削減と品質低下の両立によって実質値上げしている製品も散見されるようになった。これについては余談で触れる。

ここには2種類の異なる物価がある。

建前上の物価 黒田総裁の言う物価、あるいは指数化されている物価。
実際の物価 日々、私たちが感じている物価。

2%の物価上昇は目標としながらも達成されていないのだが、実際に意図しているのは、このようなことなのではないか。

  • 建前上の物価では、目標達成する気はない。
  • 実際の物価では目標達成する、あるいはすでに達成しており、それを維持、継続する。
  • 建前上の物価を維持することで、賃金上昇を抑制し、結果として年金支出を抑制する。

ここ最近の賃金、年金の話題と関連することで、何となく辻褄の合う思考的なまとまりが形成されてきた。ちょっとした思いつきだ。

続きを読む

Microsoft Trackball Explorerとエレコム社のトラックボール

これは2007年の投稿で、以前のブログからの移行に際し、加筆、編集したものです。

もう活動を中止してしまった「たのみこむ」というサイトでは、諸々の製品に関する再版要望を募り、商業化可能な規模に達したときにメーカーと交渉し、実際に再版するという活動を行っていた。そこで取り上げられていた製品の一つがMicrosoft Trackball Explorerだった。
mineko.fc2web.com
WindowsMacに関わらず、その操作系にこだわり、そのためにお金をかけるユーザーは少数派で、多数派は多少問題を感じながらも購入時のキーボード、マウスを利用し続けているのではないかと思う。買い直す、買い足すとしてもマウスぐらいのものではないだろうか。そこにあえてトラックボールを選択するユーザーというのは、少数派中の少数派だろう。
その少数派の中でもボールを操作するのは親指か、あるいは中指、人差し指か、と言う派閥が存在する。そのようなマイノリティ、その派閥を超えて圧倒的に支持されていた製品の一つが、件のトラックボールだった。

続きを読む

CT-100 コードレスオプティカル TRACKMAN

f:id:espio999:20190612105751j:plain
これは2005年の投稿で、以前のブログからの移行に際し、加筆、編集したものです。

今年の夏に購入したKensington TurboRing(以下TR)は、ボールの回転の検出機構が機械式のトラックボールだ。その宿命か横方向の認識が悪くなり、操作にストレスを感じるようになってきた。
impsbl.hatenablog.jp
具体的には、大まかな動作には問題なく対応できるものの、細かい動作、例えばウィンドウの最小化、最大化ボタンの間を往復するような、幅の小さな横方向操作に反応しなくなった。どうやらボール、横方向エンコーダのゴム間の摩擦に起因しているようだ。mixiのコミュニティ「トラックボール使い」にて、横方向のバネの当たりを強くしてみたらどうか、という提案をいただいたものの、分解修理はかなり大変そうだ。
mineko.fc2web.com
機械式に見切りをつけ、光学式のトラックボールを購入することにした。以前から注目していたLogitech TRACKMAN(以下TM)だ。

続きを読む

英語配列のSurface Pro Type Cover Amazon.comでは6000~7000円程度で買える。

f:id:espio999:20190616184926j:plain
要、不要はさておき、何かについての拘りというのは、特にその拘りが多数派ではない場合には、時に無用なコストをもたらすことがある。好例ばPCのキーボードだ。日本で購入する場合、特に指定をしなければ、提供されるのはJIS配列のものだろう。そして、ほとんどの人にとって、その配列でも問題はないだろう。私を含む、一部のユーザーは違うのだ。

ある人はJIS配列ではなく、QWERTY配列を望むだろう。一般的に、次のように呼ばれるものだ。

ここからさらに、キー・ボタンの配列が左右に分割されたエルゴノミクス仕様であったり、キー・スイッチの種類にまで関心が及び、拘りは細分化されていく。

最近はIT業務に携わる人たちが増えると同時に、仕事道具としてのキーボードが認知されてきた。加えてユーザーそれぞれの相性や嗜好も尊重されるようになったのか、選択の幅が広がり始めている。とはいえ、以上のような拘りを満たす製品というのは、通常提供されるものよりも高価にならざるを得ない。

続きを読む