Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

20210916

https://espio999.tumblr.com/post/174450233243/%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%BA%80%E8%B6%B3%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E7%B9%B0%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%81%97%E3%81%8C%E4%BA%BA%E7%94%9F
espio999.tumblr.com

  • 新生銀行TOB
  • 盛りだくさん
    • 試験問題作成
    • 書籍電子化
    • DHL海外荷物受取
続きを読む

階級(クラス)

階級(クラス)―「平等社会」アメリカのタブー (光文社文庫 フ 4-1)
原題は『Class: A Guide Through the American Status System』。アメリカでは1983年、日本では1987年に出版された書籍だ。

アメリカも日本も階級社会ではないのだが、社会的な階級は歴然と存在している。副題に

「平等社会」アメリカのタブー

とある通り、階級についての話題はアメリカではタブーとされている。政治や宗教のように気まずい話題であり、割けるのがマナー的なニュアンスでの”タブー”なのだが、日本ではどうだろうか。
日本においては、特に庶民から見たトップクラスの人たちを揶揄しながらも、社会的にも物質的にも自分たちより上位に存在していると認めている表現として、「上級国民」というスラングがある。これは自分たちよりも上位の存在を認めるだけでなく、暗に社会階級が存在していることを示唆している表現だと解釈できる。

そのような社会階級についての論考が本書の内容だ。一つ注意が必要なのは、著されている事柄は統計的、化学的な手法による裏付けはなく、著者自身が次のように語っている様に、あくまでも論考であることだ。

いわゆる「科学的」な方法よりも、自分の勘と感覚に多くを頼った。

とはいえ、現在から40年を経た80年代の状況を背景にしながら、本質的な事柄は現在にも継承されており、現在においても十分通じる内容だったのが印象的だった。特に中流階級の振舞いと、いわゆるネット民と呼ばれる、TwitterInstagramなどで影響力を行使したり、承認欲求を満たそうとするような人達との類似性に置いてだ。
本書から得た情報に基づいて現代社会を顧みれば、特にSNSに見られる上昇志向、より上級に見せようとする振舞いは、まさに本書で触れられている事柄と合致していることが分かる。そして、これがアッパーミドルから中流クラスにかけて見られる傾向であることも、本書の説明通りなのが面白いところだった。

  • 最上流階級
  • 階級への意識、ネット民の振舞い
  • 下流オタク文化、そしてガチャ
  • Xカテゴリー
  • 余談:味付けの序列
続きを読む