Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

42

{'\"?!}, {mrdoc} and {gtaio luSnemf} - 42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day01 Exercise 09

['\"?!], [mrdoc] and [gtaio luSnemf] - 42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day01 Exercise 09 Abstract Piscine is the admission test of 42 SILICON VALLEY, and is held for straight 4 weeks. Piscine Day 01 (the 2nd day because of starting at 0) Ex…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day01

42 Tokyoというエンジニア養成機関が話題だ。私は42 Tokyoを受験しないのだが、選抜方法とその内容に関心があり調べていた。シリコンバレー校の資料がGitHubで公開されている。私が参照している資料は2017年のものだ。コーディングを通じて何かが試され、判…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day00

42 Tokyoというエンジニア養成機関が話題だ。私は42 Tokyoを受験しないのだが、選抜方法とその内容に関心があり調べていた。シリコンバレー校の資料がGitHubで公開されている。私が参照している資料は2017年のものだ。コーディングを通じて何かが試され、判…

Ubuntu + WSL、C言語学習環境築と、VSCodeとの連携

プログラム実行環境が必要なとき、何でもwebで済ませるのが今風であるならば、paizaをはじめとするサービスを利用すれば、ブラウザだけで用が足りてしまう。ただプログラムを書き、実行結果を確認したいだけならば、そのようなオンライン環境でも十分だろう…

42 Piscine Examを読み解く 印象、考察、そして余談。

42 Piscine Examを読み解く 印象、考察、そして余談。4週間のPiscineにおいて、毎週金曜日は試験日のようだ。最初の三週間は各4時間のExam 00~02、最終金曜日は8時間のFinalということらしい。他の投稿で参照しているようなPDF資料を見つけることはできない…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Rush01(後編) 「難しい」数独を解くプログラム

42 SILICON VALLEY Piscine 2017にはRushと呼ばれるグループ・プロジェクトが含まれている。3つの課題のうちの一つが、数独(ナンプレ)を解くプログラムの作成だった。分からなければインターネット検索し、それでも分からなければ人に聞け、というのが42の…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Rush01(前編) 「簡単な」数独を解くプログラム

42 SILICON VALLEY Piscine 2017にはRushと呼ばれるグループ・プロジェクトが含まれている。3つの課題のうちの一つが、数独(ナンプレ)を解くプログラムの作成だった。分からなければインターネット検索し、それでも分からなければ人に聞け、というのが42の…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 evalexprを考える

42 SILICON VALLEY Piscine 2017の個人プロジェクト、3つ目はevalexpr。文字列として入力された四則演算を計算し、結果を出力するものだ。個人プロジェクトとして最後の課題となるためか、Day02~13までの学習内容を包含した出題内容となっている。関連する…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day04 Exercise 04 フィボナッチ数列と再帰の実践

昨日の投稿では再帰を説明した。あくまでも説明にフォーカスするため、42SV Piscine 2017の課題から離れて、独自の問題を用いた。考えやすい問題で、再帰する価値のある処理を示すためだ。 42 SILICON VALLEY Piscine 2017 match/nmatchを考える(番外編) …

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 match/nmatchを考える(番外編) 再帰の説明

このブログの読者は会社員と大学生が多く、どちらもいわゆるビジネス・アワーに訪れる人たちが多い。何かしらの問題に遭遇し、検索の結果、目的の投稿へ辿り着き、答えを見つけて帰っていくのだろう。 特定の記事は、ブックマークされることがあるかもしれな…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 match/nmatchを考える(後編) 最後は力業

42 SILICON VALLEY Piscineの個人プロジェクト、2つ目はmatch/nmatch。2つの課題で構成されるプロジェクトだ。問題文には明記されていないが、再帰構造の理解と実装が求められている。再帰はややこしく、理解し難いと言われる。実際その通りだと思う。しかし…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 match/nmatchを考える(前編) 再帰とバックトラック法の実践

42 SILICON VALLEY Piscineの個人プロジェクト、2つ目はmatch/nmatch。2つの課題で構成されるプロジェクトだ。問題文には明記されていないが、再帰構造の理解と実装が求められている。加えてDay04の話題で触れたバックトラック法の実践だ。再帰はややこしく…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Sastantuaを考える Pythonの場合

42 Tokyoでは課題のことをプロジェクトと呼ぶらしい。ここでは日々の課題とは別に課される、特別な課題をプロジェクトとする。プロジェクト資料を読み解くと、Piscineには3種類のプロジェクトが存在するようだ。 個人プロジェクト グループ・プロジェクト 最…

スッキリ分かるC言語入門

プログラム言語の習得において、どの言語から勉強を始めるのか、はあまり意識されることがないのだが、かなりの重要事項だ。最初の言語学習を通じて養われた知見、認識が、2つ目以降の言語を学ぶ際の橋渡しをしてくれる。さらに異なる言語の学習を続けると、…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day04を考える アルゴリズム問題の手引き。

先日、ロジック問題に対する一つのアプローチを紹介した。アプローチ手法は異なれども、自分で考えることはロジック問題に限らず、何かにつけ共通する活動の一つだ。42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day02を考える 私なりのアプローチ。 - Technically Impos…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017 Day02を考える 私なりのアプローチ。

先日投稿した42に関する投稿が、このブログにしてはアクセスを稼いでいる。その投稿の内容よりも、42の話題性、その関心に起因するものだろう。42 SILICON VALLEY Piscine 2017資料を読み解く 印象、考察、そして余談。 - Technically Impossible 42 SILICON…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017プロジェクト資料を読み解く 印象、考察、そして余談。

先日の投稿では42 Silicon valleyの2017年度Piscine資料を読み解いた。この資料は14日分の課題で構成されているのだが、Piscineは4週間開催される。残り2週間、あるいは14日の課題と並行して、志願者は複数のプロジェクトに参加する必要がある。参照資料に…

42 SILICON VALLEY Piscine 2017資料を読み解く 印象、考察、そして余談。

42 Tokyoというエンジニア養成機関が話題だ。私は42 Tokyoを受験しないのだが、選抜方法とその内容に関心があり調べていた。シリコンバレー校の資料がGitHubで公開されている。私が参照している資料は2017年のものだ。GitHub上にはその他にC++やPHPのPiscine…