読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

バナナのトースター焼き

料理

これは2008年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。

以前、バナナを利用したレシピということで次の2つを紹介しました。

バナナのフランベ
バナナ・ジャム - 余ったバナナの有効利用

いずれも手軽でおいしいレシピなのですが、さらに手軽なレシピが今回紹介するトースター焼き。

きっかけはDoleのバナナ。袋に平野レミのバナナを利用したオリジナル・レシピが貼ってありました。そこから思いついた手抜きレシピです。

まず、平野レミのオリジナル・バージョンでは、こんな風に調理します。

1.バナナを縦半分に切る。
2.バナナの実の部分へ、スライス・アーモンドを差し込む。
 ※ハリネズミのように、徹底的に差し込んでいきます。
3.オーブンで適当に焼く。
4.コアントローなんかを振りかけていただく。

手軽に調理して、食べる直前の一手間で風味を加える、なかなかなレシピなのですが、これを一目見て思いつきました。

トースターで焼けばもっと簡単だ...というわけで、私のバージョンだと、

1.バナナを縦半分に切る。
2.トースターで10-15分ほど焼く。
3.食べる。

となります。トースターで10-15分ほど焼くと、バナナの皮は、縮むように実から自然に離れていくので、食べる時にの非常に具合が良いです。
とはいえ、全くこれだけの手順というわけではなく、風味付けはします。どうしても、バナナのフランべの風味を意識してしまうので、具体的にはこんな感じの手間になります。
1.バナナを縦半分に切る。
2.バナナの実へ、格子状に切り込みを入れる。
3.適量の砂糖を振りかける。
4.トースターで10-15分ほど焼く。
5.ブランデーを振りかけていただく。

3で振りかける砂糖は、トースターで焼いている間に溶けていく、軽いカラメルのように変化していきます。これをこぼれ落ちにくくすることと、その風味が馴染みやすいように、2でバナナの実に溝を付けています。
砂糖の代わりに、フレーバー・コーヒーに使うシロップを利用しても良さそうですが、こぼれないように調理するのは難しそうです。食べる直前に用いるのが良さそうです。

フランべとは異なりバターやマシュマロを利用していないので、どうしてもその風味は劣ってしまうのですが、手軽さという点でははるかに優れています。

朝食時など忙しい時間の食事としてだけでなく、来客時のちょっとしたおもてなしや、なにかもう一品食べたい時の間に合わせデザートとしてちょうど良いと思います。