Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

Xperia Tablet Z (SGP312)にLineageOSを導入する道案内 インストール作業、Google Play認定取得

f:id:espio999:20190203222205p:plain
Google Search Consoleを確認するとXperia Tablet ZのAndroid Nougat, Oreo対応についてのImpressionが非常に高いものの、CTRが低いことに気付いた。これまで投稿してきた一連のXperia Tablet Z関連の投稿ではLollipop対応からRoot化までの話題を扱ってきたものの、それらの導入については投稿していないため当然の結果なのだが、少々思うところがあった。
該当Queryで表示される他のサイトを確認すると、どのサイトも公式サイトの情報を記載していない。

LineageOS公式サイトには導入手順のステップ・バイ・ステップが掲載されている。操作はTWRPのタップ、スワイプ操作だ。操作が分からなければ有志がYouTubeに投稿している動画を参照することもできる。これまでの一連の投稿をもとにLollipop対応してきたユーザーならば、理解も操作も簡単に対応できるだろう。

これまでの様な一連のステップ・バイ・ステップの導入手順を解説するつもりはないのだが、正しい情報にたどり着くための「道案内」はしたいと思った。これからの一連の投稿で、次の事柄を紹介する。

  1. 予習、インストール準備から導入作業、後処理までの工程を把握する。
  2. インストール準備1、必要なファイルのダウンロード
  3. インストール準備2、TWRP custom recoveryの導入
  4. インストール作業、Google Play認定取得

暗黙的にXperia Tablet Z Wi-Fi (pollux_windy)を対象にするが、どの端末でも基本的な手順は同一だ。このエントリでは最後のステップを取り上げる。

LineageOSの導入

wiki.lineageos.org

ここでの作業は、「予習」で触れた「Installing LineageOS from recovery」だ。全ての操作はTWRPのボタンをタップ、スワイプするだけだ。
例によってTWRPの操作を逐一説明するつもりはないので、YouTubeの動画などで確認してほしい。

Install Lineage OS On Any Android Device (Step By Step Tutorial)

手順3のバックアップ、並びにインストールに必要な次の3ファイルを携帯端末上に保存しないように注意。手順4以降の消去作業で、端末上のデータはすべて消去されてしまう。

  • LineageOS
  • Googleアプリケーション
  • LineageOS SU Addon

手順8から10のインストール作業では、Root化不要ならばSU Addonをインストールする必要はない。

インストール完了後にLineageOSが起動すれば導入成功だ。起動しない場合、バックアップをTWRPからリカバリするか、一からやり直せばよい。
impsbl.hatenablog.jp

Google Play認定取得

lineageos.org
Google Playは、Android端末が無条件に利用できる環境ではない。Googleは互換性の仕様を公開しており、端末ベンダーは互換性テストにパスすることで、Googleアプリケーション、サービスを端末に搭載することが許可される。カスタムROM搭載機の様な、認定を受けていない端末は、GSF (Google Services Framework) IDを登録する必要がある。

上記LineageOSのページからリンクされている「certification page」で、GSF IDを登録する。その手順も該当ページに記載されている。adbコマンドによる操作が必要だ。
www.google.com

互換性仕様とテスト

source.android.com
source.android.com