読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

Oracle Application Serverの管理者パスワードをリセット

IT

これは2006年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。

Oracle Application Serverが稼動しているインフラを引き継いだものの、前任者はOracle Application Serverの管理者パスワードを忘れていると言う始末。そこで必要となる、Oracle Application Serverのias_adminパスワードのリセット方法を紹介。

Googlingすれば意外と見つかる情報ではあるものの、本家サイトと思われるページ

Oracle Application Serverのトラブルシューティング

は404 errorを返します。いくつかの海外サイトや掲示板を閲覧したものの、私が試した限りでは旧パスワードが必要なものばかりでした。そこで次のサイトにある記述を参考に試してみました。

J.3.1.1 Resetting the Administrator (ias_admin) Password

公式のアドミン・ガイドをアップロードしたのでしょうか...

OAS 10gを対象としたガイドですが、私が引き継いだ9aでも、次の手順で問題ありませんでした。


1.emctlの動作を確認する。

emctl status

動いていたら停止する。


2.emctlの停止
先のサイトでは、

emctl stop iasconsole

とあるのですが、私の環境ではbad optionと表示されました。iasconsoleがダメらしいのですが、

emctl stop

とすると、パスワードを問われてしまうのです。emctlにはパスワードのリセット用に

emctl set password [old password] [new password]

というオプションも用意されています。いくつかのサイトでは、

emctl set password reset [new password]
emctl set password [new password]

でイケル!と言うのですが、私の環境ではダメでした。まずは何とかしてコレを止めなければならないということです。仕方ないので、サーバーを再起動するしかありません。

このとき、ブート後にemctlが自動的に動き出す環境では、あらかじめ自動起動させない対応が必要です。

3.jazn-data.xmlの編集
なんとかemctlを止めたら、次はjazn-data.xmlファイルの編集。パスは、

ORACLE_HOME/sysman/j2ee/config/jazn-data.xml

この中に、

<realm>
<name>enterprise-manager</name>
<users>
<user>
<name>ias_admin</name>
<credentials>暗号化されたパスワード</credentials>
</user>

と言う箇所があります。この「暗号化されたパスワード」に所望のパスワードを上書きします。
パスワードは平文で大丈夫です。ただしパスワードの先頭に「!」をつけておくのを忘れないこと。
パスワードは、

  • 5文字以上
  • 英数字といくつかの記号
  • アルファベットで始まること

の3条件を満たすのを忘れないこと。

4.emctlの起動
 ここまで終われば、emctlを起動します。

emctl start

動いたかどうかをstatusオプションで確認したら、ブラウザからアクセス。

http://localhost:1810

例によって承認画面がポップアップします。手順3で設定したパスワードを入力して、ログインできればOK。

ちなみに、ここで先のjazn-data.xmlの内容を確認すると、入力したパスワードが暗号化されているのを確認できるはずです。

これで「パスワードのリセット方法教えてください」と、ベンダー・サポートへ尋ねる必要はなくなりましたね。