Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

20220804

https://espio999.tumblr.com/post/32109123134/%E7%B5%A6%E6%96%99%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%82%E6%9C%88%E7%B5%A6%EF%BC%91%EF%BC%93%E4%B8%87%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%81%A7
espio999.tumblr.com





年初来パフォーマンス順前日比順

MSCIコクサイ 1.31% 99.61
楽天・全世界 1.13% 99.12
大和・グローバルREIT 0.16% 98.62
ポートフォリオ -0.07% 98.09
日経平均 0.69% 97.01
TOPIX 0.00% 96.91
日興・海外新興国 0.45% 95.58
さわかみ 0.11% 95.46
ひふみらいと 0.07% 93.51
ひふみワールド 1.01% 91.28

MSCIコクサイ 1.31% 99.61
楽天・全世界 1.13% 99.12
ひふみワールド 1.01% 91.28
日経平均 0.69% 97.01
日興・海外新興国 0.45% 95.58
大和・グローバルREIT 0.16% 98.62
さわかみ 0.11% 95.46
ひふみらいと 0.07% 93.51
TOPIX 0.00% 96.91
ポートフォリオ -0.07% 98.09


日経、TOPIX間の乖離が大きくなってきている。順調に上昇しているのは日経225で、つまり日本株の底堅さは、偏った銘柄の売買によって支えられていることになる。

日本株買いによる底堅さがあるのは事実で、日経500がそれを示している。この乖離を示す理由の一つとして思いつくのは、日本への投資から、投機の路線へ転換しているのではないか、という考えが一つ。
輸出企業の円高差益は事実になったものの、半導体不足による生産上の制約はリスク要因として残されている。生産上の制約は関連企業への影響するため、特に海外投資家にとっては、目立った企業銘柄でしか取引しにくい状況なのではないか。

為替 127 132~134 131~134 130~132 131~134 133~134
日経500 2563.93 2606.49 2569.46 2576.68 2591.29
日経225
円ベース
27000 27801.64 27993.35 27594.73 27741.90 27932.20
日経225
ドルベース
211 209.06 211.12 210.93 208.17 208.16

日足

日経500 日経225
日経225
ドル

週足

日経500 日経225
日経225
ドル

7974/T 任天堂

impsbl.hatenablog.jp

日足では、5月9日、6月20日の転換点、56200円が支えになっている。まだ転換点には到達していないものの、取引高は5月9日と近いところまで来ている。

週足で見ると、6月13日の転換点に近づいている。やはりその付近と同程度の取引高。

エアコン

tenki.jp

記録を調べると、昨年は8月30日、9月18日の2日間しかエアコンを使っていない。6月末の夏日を経験し、7月から8月並みの猛暑日が続いているにもかかわらず、それでも今年も同じような調子で考えていた。

「今日使わないで、いつ使う」と、気象予報士の伊藤みゆきさんもエアコン使用を推奨していたのは、8月2日早朝のことだった。しかしそれでもエアコンのコンセントすら繋がずにいたのだが、無意識の良くわからない何かが閾値を上回ったのだろう。8月2日にピークを記録した猛暑の峠が過ぎた昨晩から、エアコンを使い始めた。そして、今も使っている。

端的には貧乏性のケチなのだ。エアコンを使いこと自体に、何かよくわからない抵抗を感じている。エコとか節電ということではなく、おそらくは電気代と生産性だ。電気代は一夏分の増額分ではなく、おそらく一生分の増額分を気にしているような印象がある。

生産性というのは、エアコンを使うことによって、その増えた電気代に相応しい、+αの何かを生み出すのか、生み出せるのか、ということだ。ただ何も生み出さないのにエアコンをつける。ただ消費するためだけにエアコンをつけることに、自分自身が納得していない。
つまり「ただ快適に過ごす」ことは、自分自身の中では消費に分類されていることに気付く。パフォーマンスや健康、心身の状態を健全に保つためのケアのようなことではなく、単なる消費なのだ。

結局のところ、何も生み出していないのだから、心身、体調を整えたところで生産性がないことに変わりはない。エアコンを付けたところで状況が変わるわけでもないのだから、消費であるという分類は、意識へ顕在化させても納得感はある。

PayPayカード利用速報サービス


www.paypay-card.co.jp
楽天カードに続いて、PayPayカードでも利用速報サービスが始まった。ただし、次の場合は通知の対象外だ。

  • PayPayあと払い、PayPayチャージ、PayPayアプリを介したPayPayカード決済
  • 300円未満のご利用
  • 携帯電話、公共料金、保険料などの月々の継続的なお支払い

そして早速、今朝9:28に1183円の支払いをした通知が届いた。これは私の使用によるものではなく、明らかに不正利用だ。しかし、いくら速報されても不正利用の連絡までには、請求確定までに2~3日を待たなければならないのだった。

お心当たりがない場合は、請求確定後に利用明細で店舗名等をご確認ください。

カードを利用していないのにカード利用速報が届いた - ご利用ガイド|PayPayカード

利用店舗名を確認のうえ、コンタクトセンターへ連絡する必要があるのだが、その連絡にはナビダイヤルを使用しなければならない。コンタクトセンターに繋がるまで、延々と課金されることになる。
なぜ不正利用されていることを連絡するのに、被害者であるユーザーが被害額に加えて、時間的、金銭的コストを負担し続けなければならないのだろう。

少なくとも、コンタクトセンターに不正利用が報告されたならば、その対応についてはコンタクトセンターからユーザーへ、直ちに電話を折り返して対応すべきではないだろうか。
加えて、今後の連絡のためにナビダイヤルではない、市内(市外)電話番号も伝えるべきではないだろうか。