Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

SQL Server備忘メモ

f:id:espio999:20190508103605g:plain
連休最終日の5月6日、朝8時から10時にかけて、旧ブログに30件超のアクセスがあった。参照先投稿は2005年のもので、MCSE (Microsoft Certified System Engineer)受験対策にまとめた投稿だ。MCSE認定までの一環として、MCDBA (Microsoft Certified DataBase Administrator)を経由した。特にMCDBA対策としてのメモを記録していた。

MCSEWindows server 2000、2003を対象としたもので、SQL serverも、当時メイン・ストリームとして流通していたヴァージョンだった。とはいえ、基本的な部分において、現在のヴァージョンと変わらない部分もあるのだろう。まだ需要があるのであれば、ということで、こちらへ移行することにした。
もともとは3つのメモとして投稿していたのだが、移行に際し1つに統合することにした。

  • ネットワーク・ライブラリ
  • DBオブジェクト
  • アカウント管理
    • ログイン作成 - Windows認証の場合
    • ログイン作成 - SQL Server認証の場合
    • アカウント作成
    • サーバー・ロール管理
    • DBロール管理
  • パフォーマンス・チューニング
    • システム・テーブルとデータを分けて格納する。
  • パフォーマンス・ガイドライン
  • DB移行
    • データインポート
  • リストア
  • IIS仮想ディレクトリ経由の接続
  • 障害復旧
  • データ型
  • 主キー、一意制約、外部キー制約
  • 連鎖参照性合成
  • インデックス
  • DBOの作成、変更
  • レプリケーション競合の解決
  • パーティション計画
  • トリガ
    • トリガ動作の指定
  • トランザクション
    • データ処理
  • ヴュー
  • ロック
    • オプティミスティック同時実行制御違反テスト
    • ロックのヒント
  • カーソル
  • XML
  • Transact SQL
  • 統計
続きを読む

試験問題作成の文章術

所属している国際資格団体の認定試験問題作成に関わることになった。試験は問題文と4つの選択肢からなる選択問題で、CBT (Computer Based Test)により提供される、次のような形式の問題だ。

stem(問題文)
A. Key(正答)
B. distractor(誤答)
C. distractor(誤答)
D. distractor(誤答)

試験問題作成に先立ち、ガイダンスを受けることになる。ガイダンスでは問題作成のステップに始まり、避けるべきパターンなどが説明される。これまで教科書や問題集、試験問題のレビューや英日翻訳に携わったことはあるものの、話題の多くは日頃、意識していない事柄ばかりだった。

特に印象的だったのは、次のポイントだ。試験問題が試そうとしているのは、受験者の出題範囲に関する知識の有無ではあるものの、それは適切な知識に基づいた実務経験を前提としていることだ。言い換えるならば、関連業務領域において十分な期間、実務経験を積み、適切な知識と経験が回答に反映されている者、そうではない者を識別することにある。試験問題は、この前提で作成されることになる。
また試験問題は、あくまでも出題領域の話題に受験者の思考をフォーカスさせるものであり、受験者に余計な思考的混乱をもたらすものであってはならないことも、試験問題に限らない文章術として参考になった。

この知識をまとめ、共有することは、私自身の作業のためだけでなく、一般的な文書作成においても有用ではないかと思い、ブログへ投稿することにした。

  • 前提:知識と実務経験
  • 問題文で避けるべき事柄
  • 選択肢の注意事項
  • 理想的な誤答
続きを読む

Adobe Digital Editionsでの一解決 acsmファイルのライブラリ追加と"Error! Check Activation"

Adobe Digital Editions (以下ADE)というソフトウェアがある。DRM保護されたePub、PDF文書を閲覧するためのソフトウェアだ。これらのファイルはACS (Adobe Content Server)からダウンロードされることが多い。そのダウンロードに用いられるのがACSM (Adobe Content Server Message)ファイルだ。

ADEでACSMファイルを開き、目的の文書ファイルをADEのライブラリへ追加する際、次のメッセージに遭遇したことはないだろうか?
f:id:espio999:20190408141041p:plain
この問題の解決に際し、サポート担当者から指示されるのは次の作業だ。

  1. ADEで「認証を消去」し、再度「コンピュータを認証」する。
  2. ADEをアンインストールし、再インストールする。

f:id:espio999:20190408141248p:plain

もし、この問題がAdobe IDの認証であったり、ADEインストール上に生じた不具合によるものであれば、これらの対応でも解決することはあるだろう。しかし多くの場合、これでは解決しないようだ。この対応にはひと手間加える余地があるし、さらには見当違いに思える領域での対応も必要となる。
私の場合の解決方法を紹介する。まず前提となる、この問題に遭遇した私の環境を記しておく。

Windows 10 Pro 64bit version 1803
Adobe Digital Editions 4.5.10.186048
  • 状況確認
  • 認証の問題を解決する。
  • webブラウザのキャッシュ・クリア
  • 余談
続きを読む

WMI, Scriptomatic, WMI Code Creator, ADSI Scriptomatic

このブログの読者、その多くはサラリーマンだ。ビジネス・アワーにオフィスから、検索エンジンを通じてアクセスする人が多い。担当業務に活用したい情報を求めてアクセスしているのだろう。

Windows関連のスクリプトに関する情報には、毎日数件のアクセスがある。日々のアクセス数は少ないものの、いわゆるロングテールとして長い間、アクセス流入の一つとして存在感を示している。4月に入り、そのアクセスが若干増えている。きっと新社員受け入れ関連の業務にまつわる需要なのだろう、と推察している。
WMI関連の記事を、以前のブログへ投稿していた。それらは2005年以降の情報だ。まだPowerShellが登場していなかった。

今回、それらの記事を統合、再編集することにした。近年MicrosoftサイトはMSDNTechNet、「Hey, Scripting Guy!」などを再編し、サポート切れの製品、それにまつわる情報を削除してしまったようだ。記事の再編集に伴い、掲載していたハイパーリンクも、なるべく近い情報を提供しているページへ設定しなおした。

  • WMI (Windows Management Instrumentation)
  • Scriptomatic
  • WMI Code Creator (以下WMICC)
  • ADSI Scriptomatic
続きを読む

Surfaceペンのペン先、あるいは替え芯 そしてAmazonでの検索

タブレット型PC、あるいはタブレットそのものには、操作、入力デバイスとしてペンが付属していることが多い。例えばMicrosoft Surfaceの場合はSurfaceペンだ。
www.microsoft.com

このような製品の部位、パーツについて、特にその呼び名で困ったことはないだろうか?ペン型デバイスの先端、そのパーツは何と呼ぶだろう?次のような候補がいくつか思い浮かぶ。

  • ペン先
  • 替え芯
  • チップ

Surfaceペンの場合、公式サイトでは「ペン先」と呼ばれている。海外の場合は「Tips」だ(投稿末尾リンク参照)。
普段は意識することのない名称も、Amazonなどで検索しようとすると壁に突き当たることがある。検索すべき適切な呼び名は何か?公式アクセサリは割高なので、他社互換品も調べたい。他社互換性品も同じ呼び名なのだろうか?

私はSurfaceペンの先端を交換したかった。Microsoft社の公式パーツだけでなく、より安価な他社製互換製品を含めて検討している。Amazonでの検索は難儀だった。その成果をまとめておく。

  • まず検索してみる。
  • 除外キーワードの設定
  • URLによるクエリ操作
  • Surfaceペンの互換性について
  • リンク
続きを読む

PMP - 出願、覚書

これは2007年の投稿で、以前のブログから移行したものを加筆、編集したものです。

PMP受験の出願に際し、気に留めておくと良いことがあります。基本的にはPMP Credential Handbookに記載されていること、受験対策セミナーで伝えられたことに基づいていますが、必ずしも今後の受験に当てはまる保証はありません。私自身も、それを保証しません。

  • PMIへの入会 経済的負担の軽減
  • 業務経験の登録
  • プロジェクトについて
  • リファレンスの登録
  • どうしても分からない、確認したいことがある
  • 監査について
続きを読む

オーディオ・スタックの挙動と排他モード - Windows Vista

f:id:espio999:20190316001104j:plain
これは2007年の投稿で、以前のブログから移行したものを加筆、編集したものです。

自宅のPC環境をWindows Vistaへ移行した。以前に比べて快適に利用しているのだが、iTunesの挙動から不便を被っている。何か一つPodcastを再生して、そのまま終わりまで聴く。そして次のPodcastを再生しようとすると...音が出ない。このとき、

[コントロールパネル]-[サウンド]

の再生タブからスピーカーを選択し、プロパティ・ボタンを押下する。新しく開いたWindowの詳細タブからテスト・ボタンを押下しても、やはり音が出ない。
このような状況で、iTunesを再起動するか、先の詳細タブにある排他モードのチェック・ボックスを選択し、適用ボタンを押下すると、音が出ることがある。

どういうことだろう。そして、排他モードとは何を指しているのか?

続きを読む

住民税と申告不要制度 住民税と国民健康保険の試算

所得税のために確定申告する人は多いと思うが、住民税はどうだろうか?何もしなければ所得税と同じ課税方式が住民税に適用されるのだが、2017年度(2018年2、3月の確定申告分)から、所得税と住民税に異なる課税方式を適用できることになった。特に株式投資による売買益(株式譲渡所得)や配当がある場合、課税方式を選択することによって、納税者は有利な税負担を選ぶことができる。
www.nta.go.jp

端的には、申告不要制度を活用することによって住民税が安くなる場合がある。ネットを検索すると、その説明やモデル・ケースを活用した適用例を説明しているサイトが見つかるのだが、簡潔明瞭、分かりやすく説明しているところがない。特に税理士のwebサイトなど、読者に理解させるつもりで書いているのか疑わしいところもある。状況は納税者それぞれであり、広範で網羅的な説明が難しいのは理解できる。例えば、申告不要制度を活用することによって、住民税は高くなるものの、それ以上に国民健康保険が安くなる場合だってあるのだ。

とはいえ、特定の状況に限定したとしても「分かりやすい」説明、あるいは順序立てた論理展開は可能なはずだ。私には、できるのにそうしない、そうする気がないように感じた。
この点について不満に思うと同時に、それならば私がブログにまとめようか、そんなことを思いながらブログを認めていたのだが、大和総研が論旨明快な資料を公開していた。私がまとめる必要などない。むしろ、この資料を紹介すべきだろうと思った。

続きを読む

Rの初歩 - t検定

平均、分散が不明な母集団の平均を推定する。とはいえ十分大きなサイズの標本を取得することができない。言い換えると、少数のサンプルから得られる情報に基づいて、規模や回数のより大きな母集団の状況を予測する、そのような場合に用いるのがt検定だ。例えば、次のような場面で活用することができる。

  • 過去に経験した障害の復旧時間から、必要と思われる復旧時間を求める。
  • ある部門を構成する人員の生産性から、全社員の生産性を求める。
  • 少数の初回ロット品の状態から、将来を含む出荷品全体の状態を予測する。

与えられたデータに基づく点推定ではなく、あくまでも統計的に区間推定で必要な情報を推定する。与えられたデータが統計的に信頼できるサイズではないとなれば、あくまでもデータが正規分布するという前提で、t検定を用いてみると良い。
まず演習問題をこなした上で、t分布、t検定に触れる。

  • 演習問題
  • t分布、t検定、t.testの出力結果
    • t分布
    • t検定
    • t.testの出力結果。
  • リファレンス
続きを読む

PayPayアプリケーションに関する覚書

現金決済しか受け付けないスーパーがある。消費税増税、キャッシュレス決済とポイント還元に対応するためか、そのスーパーがPayPayを導入した。Paypayの様な電子マネー決済は私の好みではなく、クレジットカードを用いたいところだ。PayPayは事前にチャージした電子マネーだけでなく、登録したクレジットカードで決済することも可能なのだと知り、早速登録してみた。

まだ支払いは経験していないのだが、このアプリケーションの第一印象は良好なものではなかった。それはアプリケーションの操作、機能に関する情報が十分に提供されていないことについての不満によるものだ。端的にはヘルプ、サポートが提供する情報が十分ではないと感じた。

PayPayの場合、ユーザーが求める情報というのは大別して2種類に分けられるだろう。

  1. PayPayのアプリケーションに関する情報
  2. PayPayでの支払いに関する情報

特に1についての情報が何も提供されていない。この投稿では1についてのヘルプ的なメモを提供する。あくまでも私個人が調べた内容であり、事実とは異なる可能性があることには注意されたい。
公式サイトに用意されているサポート情報は、次のページから参照できる。
前述の通りの内容であり、私の求める情報が掲載されていないのだ。アプリケーションに関する情報は皆無に等しく、アプリケーション内にヘルプが用意されているわけでもない。
support.paypay.ne.jp

  • アカウント
  • お支払方法の管理
  • セキュリティ設定
続きを読む