Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

Xperia Tablet Z (SGP312)のroot化

f:id:espio999:20180920004621p:plain
Xperia Tablet Z (SGP312)は海外で配布されているROM用いることで、Lollipop (Android 5)をインストールすることができます。さらにLineage OSを適用することで、Nougat (Android 7)まで対応することができます。
LineageをインストールするにはTWRPを導入する必要があるのですが、そこからimgファイルを適用するためには、端末をroot化しなければなりません。

このエントリーではroot化の手順を紹介します。次の前提での作業です。

  1. 基本的にPC操作せず、Xperia Tablet内での操作だけで完結する。
  2. KingRootでroot化する。
  3. SuperSuでrootを置換する。

Xperita Tablet ZはPCに接続する必要はありません。タブレット端末だけで完結できる作業です。
PCはファイルのダウンロードやファイルの修正にだけ利用しますが、その利用は任意です。

続きを読む

VSCodeで最低限のRuby環境構築 - 検証編

とあるRubyの書籍を購入した。書籍で紹介されている内容との依存関係はないのだが、その書籍の筆者はエディタにMeadowを利用しているのだという。
私としてはVSCode (Visual Studio Code)を利用したいところだ。そこでVSCodeに簡易なRuby環境を整えることにした。用意しておきたいのは

Visual Studio Marketplaceから、VSCode用拡張プラグインRuby」を導入するだけで、これらの機能を実装できる。
marketplace.visualstudio.com
とはいえ、いくつかのGemをインストールし、VSCodeへ追加設定を施さなければならない。必要な事柄は同プラグインのページに説明されている。前エントリーで、それらの導入作業を紹介した。

VSCodeで最低限のRuby環境構築 - 設定編 - Technically Impossible

このエントリーでは、必要な機能が動作しているかを検証する。
ちなみに、次の環境を前提にしている。

  • テスト用Workspaceからテスト・コード・ファイルの作成まで。
  • テスト・コード
  • IntellisenseとAutocompleteの検証
  • デバッグの検証。
続きを読む

VSCodeで最低限のRuby環境構築 - 設定編

とあるRubyの書籍を購入した。書籍で紹介されている内容との依存関係はないのだが、その書籍の筆者はエディタにMeadowを利用しているのだという。
私としてはVSCode (Visual Studio Code)を利用したいところだ。そこでVSCodeに簡易なRuby環境を整えることにした。用意しておきたいのは

Visual Studio Marketplaceから、VSCode用拡張プラグインRuby」を導入するだけで、これらの機能を実装できる。
marketplace.visualstudio.com
とはいえ、いくつかのGemをインストールし、VSCodeへ追加設定を施さなければならない。必要な事柄は同プラグインのページに説明されている。このエントリーでは最低限必要なサマリーを紹介する。
ちなみに、次の環境を前提にしている。

続きを読む

Windowsアプリケーションの適切なインストール先 - Namespace Usage Guidelines for the Windows Vista File System

Windowsにて何かをインストールする場合、定番のインストール先は

C:\Program Files\

場合によっては、諸々の制約を回避するため、Cドライブ直下にフォルダを作成してインストールするものもある。諸々の制約とは例えば、次のようなことである。

  • Windows Vista以降、C:\Program Files\での書き込みが、基本的には認められていない。
  • パスにスペースが含まれるのが好まれない。適切に処理されない。

Pythonをインストールしようとしているとき、インストーラが次のフォルダへインストールしようとしているのに気付いた。

C:\Users\%username%\AppData\Local\Programs\Python\...

このインストールは適切なのだろうか。ここでいう適切とは、技術的に正しいか、ということではなく、マナーや慣例上よろしいのか、ということ。
実行環境なのだから、Program Files、あるいはc:\Python\...のような場所へインストールされるべきでは?
そういえば、そもそもWindows Vista以降のフォルダ構成、特に新しく追加されたフォルダ群の目的を、私は知らないのだった。そこでフォルダの用途などを調べてみることを思い立った。

  • Namespace Usage Guidelines for the Windows Vista File System
  • ユーザー用のデータ置き場、アプリケーション用のデータ置き場
    • ユーザー用
    • アプリケーション用
  • 特定ユーザー専用のアプリケーション・データ
  • アプリケーションの適切なインストール先、あるいはマナー
続きを読む

ツインピークス The Return - 私なりの一解釈

ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ DVD-BOX
やっと『ツインピークス The Return』(以下、新作)を一通り観ることができた。例によってリンチ流の視聴者を置いてけぼりにするような、さらなる続編展開を待望させる結末だった。
鑑賞前の楽しみは、クーパー捜査官の復活と、その分身との対決であったものの、新作では『ツインピークス』世界の根幹に関わる大きな謎が提示され、鑑賞前の楽しみは、相対的に小さなものになってしまった。実際、旧作のクーパー捜査官、その当時を思い起こす振る舞いと活躍は、物語終盤のごく一部に限定されている。

前作と今作の一番大きな違いは、前作が
ツインピークス1か所でのストーリー
・ストーリーは時系列に進む

であるのに対して、新作では
ツインピークスワシントン州にある設定)、サウス・ダコタ、ラスベガスで展開されるストーリー
・舞台に寄らず、必ずしも同時進行ではない、時系列に沿ってもいない

ということ。

一通り観ていて、ある場面で次のことに気が付いた。新作は

  • エヴァンゲリオン』のような繰り返すごとに差異の生じる、時間的なループ構造
  • シュタインズゲート』のように、ループ中の差異をコラージュしていること
  • ループのすべては提示されず、その一部が断片として提示されていること

これから紹介するのは、初回鑑賞後の私なりの解釈。

  • 前提となる世界観
  • ループであり、コラージュである根拠
  • 登場人物の一部は、他のループの出来事をおぼろげに覚えている、あるいは気付いている。
  • オードリーの夢とチャーリー
  • 一石で二羽の鳥を狙う
続きを読む

ポテトチップス30歳卒業説 - スナック菓子の話題

これは2006年に以前のブログへ投稿したエントリーを加筆、整理したものです。

暮らしWORLD:♪カ〜ルビ〜の〜ポテトチップス30年 お菓子のしょっいぱい革命−話題:MSN毎日インタラクティブ
ポテトチップスへ至るまでの、カルビー社スナック菓子の歴史を簡単に紹介しています。最近はあまり食べることのなくなったスナック菓子ですが、学生時代はよく食べていました。

続きを読む

Outlookのフランクリン・プランナー的活用

これは2006年に以前のブログへ投稿したエントリーを加筆、整理したものです。

時間管理やフランクリン・プランナーの研修を受けて以来、Outlookに対する考えが変わってきました。先の概念を学び、なおかつそれを手帳ではなく、Outlookを利用して管理していくにつれ、Outlookの仕様が非常に理にかなっており、それが「使える」という感覚に変わってきました。
フランクリン・プランナーの代用として、十分に機能します。先日のエントリーの概念を、
impsbl.hatenablog.jp
Outlookに取り入れる方法の紹介です。

続きを読む

フランクリン・プランナー+GTD

これは2006年に以前のブログへ投稿したエントリーを加筆、整理したものです。

フランクリン・プランナー的GTD (Getting Things Done)、もしくはGTD的フランクリン・プランナーのススメです。

時間管理の手法としてのフランクリン・プランナー(以下FP)は、ベスト・プラクティスと言うよりも、フレーム・ワークとして解釈するのが良さそうな印象です。
impsbl.hatenablog.jp
フレーム・ワークとして捉えることによって、一度にすべてを吸収、実用するのではなく、自身にとって必要な機能、もしくは有用な機能を抽出して、それだけを実用すれば良いと言う考えです。

続きを読む

フランクリン・プランナー

これは2006年に以前のブログへ投稿したエントリーを加筆、整理したものです。

先日紹介した時間管理のエントリーは、フランクリン・プランナーの考え方に直結しています。
impsbl.hatenablog.jp
将来、投稿するエントリーの前振りとして、フランクリン・プランナーについての概要を整理しておきます。

基本的には、人生のプロジェクト化、です。将来、過ぎ去った日々をプランナーで振り返ると、それは人生のシナリオのように見える、というイメージです。

  • 価値観と役割の明確化
  • 目標、目標達成タスクの明確化
  • 計画と管理
    • 週刊計画
    • 日々の計画
    • レビュー
続きを読む

戦略的判断matrix

これは2007年に以前のブログへ投稿したエントリーを加筆、整理したものです。
f:id:espio999:20180625220424g:plain
時間管理に関するmatrixを紹介しました。重要度と緊急度に応じて、何がやるべきこと、やらなければならないことで、何がどうでもよいことなのかを判断するための指標です。
impsbl.hatenablog.jp
今回は、戦略的判断のためのmatrixです。会計上の見直しから、日課のタスクから、何を切り捨て、何を継続してやる必要があるのか?といったレベルの事柄まで、いろいろな領域に応用できる考え方です。

  • 戦略的判断matrix
    • 第1領域:重要度高、難易度低(leverageの領域)
  • 第2領域:重要度高、難易度高(Strategyの領域)
  • 第3領域:重要度低、難易度高(Bottle neckの領域)
  • 第4領域:重要度低、難易度低(Non-criticalの領域)
  • コスト削減の場合
    • 第1領域 (leverage)
    • 第2領域 (Strategy)
    • 第3領域 (Bottle-neck)
    • 第4領域 (Non-critical)
続きを読む