Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

Surfaceペンのペン先、あるいは替え芯 そしてAmazonでの検索

タブレット型PC、あるいはタブレットそのものには、操作、入力デバイスとしてペンが付属していることが多い。例えばMicrosoft Surfaceの場合はSurfaceペンだ。
www.microsoft.com

このような製品の部位、パーツについて、特にその呼び名で困ったことはないだろうか?ペン型デバイスの先端、そのパーツは何と呼ぶだろう?次のような候補がいくつか思い浮かぶ。

  • ペン先
  • 替え芯
  • チップ

Surfaceペンの場合、公式サイトでは「ペン先」と呼ばれている。海外の場合は「Tips」だ(投稿末尾リンク参照)。
普段は意識することのない名称も、Amazonなどで検索しようとすると壁に突き当たることがある。検索すべき適切な呼び名は何か?公式アクセサリは割高なので、他社互換品も調べたい。他社互換性品も同じ呼び名なのだろうか?

私はSurfaceペンの先端を交換したかった。Microsoft社の公式パーツだけでなく、より安価な他社製互換製品を含めて検討している。Amazonでの検索は難儀だった。その成果をまとめておく。

まず検索してみる。

公式パーツだけでなく、他社製互換製品を含むクエリーとして、私がたどり着いた検索結果の一つがこれだ。正式アクセサリは「ペン先」、他社互換製品は「替え芯」と呼び分けられているようだ。

surface ペン先|替え芯

空白スペース" "はANDとして機能する。"|"はORだ。surfaceのペン先、あるいは替え芯を、全カテゴリーで検索している。

「surface ペン先|替え芯」でのamazon検索結果

任意の製品を選択してみると分かるのだが、登録されているカテゴリーがバラバラだ。

  • 家電・カメラ・AV機器
  • パソコン・周辺機器
  • おもちゃ
  • DIY・工具・ガーデン

などなど
ここから余計な情報を除外することにする。

除外キーワードの設定

目立つのはSurfaceペン以外のタブレット製品、並びにパーツが含まれていることだ。それらを除外してみる。

surface ペン先|替え芯 -wacom -ワコム -sony -ソニー -ペンタブ -iphone -ipad -android

"-"は除外だ。それに続くキーワードを、検索結果から除外している。

「surface ペン先|替え芯 -wacom -ワコム -sony -ソニー -ペンタブ -iphone -ipad -android」でのamazon検索結果

まだまだ余計な商品が紛れ込んでいるものの、Surface関連商品が目立つようになったと思う。他社互換製品が1300円強なので、これを目安にする。「並べ替え」を「価格の安い順番」にすると...Surfaceとは全く関係のない商品ばかりだ。ここからはクエリ操作以外の絞り込みが必要だ。

URLによるクエリ操作

目当ての替え芯は、安値1300円近辺を相場だと考える。価格の安い順とはいえ、その価格以上の商品を一覧したい。1300円よりも100円お得に、1200円以上の商品を一覧する前提で、次のオプションをURL末尾に追記する。検索キーワードではなく、URLだ。

&low-price=1200

URL末尾に「&low-price=1200」を追記したamazon検索結果

1200円以上の商品が一覧されているが、まだ無関係の物ばかりだ。ここで「カテゴリ」から先の前述の4カテゴリを別タブで開いてみる。
製品の登録、在庫状況の変動があるため、いつも同じ検索結果が表示されるわけではないのだが、今回は次の製品が見つかった。前者は家電カテゴリの製品でSurface Pro3用、後者はDIYカテゴリでSurface Pro4、5用。どちらも1200円台だ。

「Surface PEN」用ソフトタッチ替え芯(Pro3用)BM-SFP3SIN/S

「Surface PEN」用ソフトタッチ替え芯(Pro3用)BM-SFP3SIN/S

f:id:espio999:20190321165653p:plain
f:id:espio999:20190321165710p:plain
これが納得の製品、価格であれば購入すればよい。さらにヴァリューを追及するならば、改めてURL末尾に希望の価格を設定し、結果を確認すればよい。

Surfaceペンの互換性について

Microsoft公式サイトの説明では、現在販売されているペン先は、「側面にボタンが1つあるSurfaceペン」と互換性があると説明されている(投稿末尾リンク参照)。
側面にボタンが1つあるSurfaceペンとは、Surface Pro 4以降のペンのことだ。
Surface ペンの使い方