Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

Flutterの導入からVSCodeでAVDを作成するまで - 導入編

flutter.io
AndroidiOS共通SDK、Flutter 1.0がリリースされた。iOS開発にも利用できるとは言え、利用するにはAndroid Studioを必要とする。

Note: Flutter relies on a full installation of Android Studio to supply its Android platform dependencies. However, you can write your Flutter apps in a number of editors; a later step will discuss that.

これはFlutterにより開発をAndroid Studioで実行しなければならないという制約を意味するのではなく、あくまでもFlutterを導入、利用するにあたってAndroid Studioが依存関係になっているということだ。
Flutterの開発はVSCode (Visual Studio Code)でも対応できる。

Flutterの導入から、VSCodeでのエミュレータ起動、作成までを次のステップで紹介する。

  1. 事前準備からFlutter導入
  2. Flutter導入チェック、flutterコマンドによるAVD (Android Virtual Device)の作成
  3. VSCode環境での動作確認

このエントリーでは「事前準備からFlutter導入まで」を取り扱う。

Windows 10 Pro 64bitを対象環境としている。念のため、私の環境をまとめておく。

Hyper-V、WHPXの有効化

AVDをWHPX (Windows Hypervisoe Platform)で高速化するために必要な対応で、必須対応ではない。
Windows 10へ、次の2つの機能をインストールする。

次の操作で機能を有効化する。

コントロール パネル > プログラムと機能 > Windowsの機能の有効化または無効化

次の2項目にチェックをつける。これらを有効化するにはPCの再起動を伴う。
f:id:espio999:20181207010223p:plain
f:id:espio999:20181207010238p:plain

Android Studioのインストール

Android Studioをインストールする。このインストール手順の紹介は省略する。
developer.android.com

Flutterのインストールと環境変数の設定

flutter.io
インストールの手順はwebサイトに紹介されている通りで、特筆すべき事柄はない。サイトの冒頭に紹介されている依存のあるツール導入について、このエントリーでは取り扱わない。
ダウンロードしたFultterを展開し、環境変数pathへflutter\binへのパスを設定する。私は次のフォルダへインストールし、環境変数を設定した。

インストール・フォルダ c:\myapp\flutter\
環境変数 c:\myapp\flutter\bin

f:id:espio999:20181207012622p:plain
Flutterをc:\program files\配下へインストールするのは不可とされているので注意。

do not install Flutter in a directory like C:\Program Files\ that requires elevated privileges).

次のエントリーでは、Flutterを動作させるための状況が整っているのかを確認し、必要な対処を実施していく。
impsbl.hatenablog.jp