Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

Xperia Tablet Z (SGM312) WiFiモデルにLollipopを適用する - アンロック編

f:id:espio999:20150619225915p:plain
海外ではXperia Tablet ZにLollipopが配布されていますが、日本では配布されていません。タブレットスマートフォンとは異なり、あまりパフォーマンス・ダウンを体感することもなく、買い替えの必要性を感じることが少ないです。新しいOSを導入するかはユーザー次第ですが、可能な限り長く使い続けたいものです。

Xperia Tablet Z (SGP312)、WiFiモデルをLollipop化するにあたって、

  1. boot loaderのアンロック対象機種の確認
  2. boot loaderのアンロック
  3. Lollipopの適用

の手順を紹介します。ここでは2の後半を取り上げます。

対象機:Xperia Tablet Z (SGP312)、WiFiモデル
対象環境:Windows 7

まず次の状態になっていることを確認します。

  1. タブレットのDeveloper optionsにて、USB debuggingにチェックが入っていること
  2. タブレットの電源がoffになっていること
  3. PCにタブレット接続用のUSBケーブルが接続されていること

この状態でタブレットのボリュームボタン、大側を押しながらUSBケーブルを接続します。接続するとタブレットのLEDが青色に点灯するはずです。

Windowsのデバイス・マネージャーを確認します。接続した機器が警告表示されているため、該当項目を右クリックし「ドライバーソフトウェアの更新」を行います。ドライバは先の手順でinfファイルを保存したフォルダを指定します。

<android studio>\extras\google\usb_driver

警告が表示されますが、無視して導入します。

ドライバを導入したらfastbootを実行します。コマンドプロンプトにて次のフォルダへ移動します。

<android studio>\platform-tools

私の場合、はC:\Program Files\Android\android-sdk-windowsですので移動先のパスは次のようになります。

C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools

アンロック手順を紹介するページに記載されているコマンドを、移動先で実行することになります。具体的には、

> fastboot devices
> fastboot -i 0x0fce oem unlock 0x[アンロックコード]

[アンロックコード]には、アンロック手順の紹介ページに記載されているアンロックコードを入力します。

ここまで実行できたら、やっとLollipopの適用作業です。

次のエントリーへ