読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

かもめのジョナサン

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。
かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)
『カモメのジョナサン』といえば、夏休みの課題図書の定番で、新潮文庫の夏のラインナップにいつも並んでいた記憶があります。とはいえ、タイトルだけはよく見かけるものの、実は一度も読んでなかった一冊でもあります。中学校以来、父親の本棚から拝借しておきながら一度も目を通すことがなかった一冊、1974年の第3刷です。調度良いきっかけだったので読んでみることにしました。

この本はなかなかですよ。

この本はヒッピーのバイブルから端を発したロングセラー。ところどころにカモメの写真がちりばめられた物語。ただ読み進めるだけならば、非常に薄っぺらい小説でしかない。ヒッピー的な神秘主義要素を取り除けば、ストーリーを通じて描かれているのは次の事柄。

  • ただ食べていくだけではない、人生に意味、目的を見出すこと。
  • 研究、練習、努力を怠らず、さらなる高みを目指す。
  • 他人を愛すること→優しさ

特に、自分自身の高い理想がゆえに、それを理解できない者たち、さらには自分自身を追放した者たちにさえも、自分が見出した真実の何分の一かでも分かち合うために、やがては彼らもその理想が理解できることを信じて、彼らを責めるのではなく、逆に助けてあげること。独力で真実を発見するチャンスを与えてあげること。それは、自分自身を発見することを手助けすることであり、また、自分自身の優しさ、愛の証明でもある、というのがテーマでしょうか。

主人公のカモメは、日々の餌にありつくことも忘れ、とにかく飛行技術の向上に没頭する。普通のカモメにとって飛ぶこととは食べることであり、それが彼らの人生の目的であるのに対し、主人公はただ飛ぶことにこそ意義を見出す。
そんな意義、理想が理解されない主人公は群れを追放されながらも、新たな仲間と共に、さらなる高みを目指し、そこから得られた真実を伝えるために群れに舞い戻る。そんなストーリーを通じて、先のテーマが語られます。

あとがきによると、この作品をしてレイ・ブラッドベリは「読む者がそれぞれに神秘的原理を読み取ることのできる偉大なロールシャッハテスト」と評しています。ロールシャッハ・テストと言うのは良い表現で、個人的には神秘的原理以前に、ビジネス書の類が述べているような要素を見出しました。おそらく、今の時代に発行されていたならば、かつて一世を風靡した、

チーズはどこへ消えた?
ペンギンの国のクジャク

のようなビジネス書としての寓話として取り扱われていたのではないかと思います。

おそらく発刊された当時はヒッピー・ムーブメントの世相と相まって、

  • ただ働くだけが人生じゃない。
  • 社会の現実と、自分自身の高い理想のギャップ。
  • 社会を高みから臨みながら、理想とその追求を啓蒙する。

と言ったことが読み取られたのだと思いますが、個人主義の傾向が突出した今の時代に生きる者が読むならば、おそらくそれらは、

  • 自分自身の向上。
  • 理解されないお互いの理想。
  • されど、折り合いながらそれぞれの理想を追求する。

といったことが読み取られるのではないでしょうか。そして、

  • 他人を愛すること→優しさ

が、どのような時代にも通じる共通項となるのでしょう。

もちろん、ストーリーから何を読み取るかは読者それぞれでしょうし、おそらくその時々の世相や、それぞれの心理状態を反映して、読むたびに違うことを読み取れるのではないかと思います。