読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

ケプナー・トリゴー法

仕事

これは2004年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものです。

昨日、休日を取得してKT(Kepner Trigoe)法を学んできました。ケプナー・トリゴー社でコースを取るとバカ高いうえに2-3日拘束されますから、メール・マガジンを頼りに個人的に教えを請うてきた次第です。10時から20時までみっちり説明を受けてきました。


KT法は問題分析と意志決定の技法です。こう書くと、いかにも、な感じではありますが、要は当たり前のことを当たり前に実施するための技法です。以下のプロセスを任意に組み合わせて、もしくは状況に応じて実施します。

・SA(Situation Analysis) 状況把握
PA(Problem Analysys) 問題分析
・DA(Decision Analysis) 決定分析
・PPA(Potential Problem Analysis) 潜在的問題・潜在的好機分析

それぞれの分析でワークシートを用いて、状況や問題点を洗い出します。そして、それをもとに解決を図るわけですが、ワークシートを用いれば、この技法を用いればたちまち問題が解決されるモノではありません。考えを整理して、(ワークシートで)視覚化し、論点をわかりやすくまとめて業務遂行しよう、といったところです。

このようなことを当たり前にやっています、と言う人も多いかもしれません。仕事は一人でやるものではないため、そこから生まれた思考や決断を周囲と上手に共有されているかを考えると、されていないと思います。これは「技法」ではなく「技能」であることから属人化されてしまい、ある個人に依存してしまうことから、業務上のプロトコルにはなり得ないのです。

仮に周囲がKT法を知らなくとも、ワークシートの様な形、あるいは様式で考えを共有できるならば、それはプロトコルとなり得るので有用です。ミーティングの準備、その最中などで有効活用できそうです。

おたすけマンありがとう!