読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

FSMT - Microsoftファイルサーバー移行ツールキット

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。

Download Microsoft File Server Migration Toolkit 1.2 from Official Microsoft Download Center

こういうものがあったか!と驚かされたツール。適当にTechNetを眺めていたときに、その存在を知ったツール。今まで気が付かなかったのが悔やまれます。

ファイル・サーバーの移行というと、条件反射的にRoboCopyで一発!と思い立つところですが、対象データが膨大だったりすると、段階移行の手順を踏まなければならず、また、各段階において、参照権限の関係で取り残されてしまうフォルダがあったり、各段階での後戻りが発生します。

このツールを利用すれば、そんな管理者の悩みがいくらか緩和されます。

できることは、フォルダやファイルのコピーはもちろんとして、

  1. アクセス許可、監査、所有権のコピー
  2. 無効なセキュリティ記述子の解決
  3. 移行元サーバーの共有フォルダの共有停止
  4. 失敗時の再試行、ロール・バック

などなど。特に2は地味な部分ではありますが、ありがたい!と思う管理者も結構いるのではないでしょうか。
また、DFS (Distributed File System)を利用している場合の、名前空間だったりUNCパスだったりの、分散ファイル・サーバーにまつわる諸々も自動解決してくれます。

ツールを起動すると、

  • DFS統合ルート・ウィザード
  • ファイルサーバー移行ウィザード

のどちらか一方を選択します。移行のためのプロジェクトを作成し、どのサーバーからどのサーバーへ、何を移行するのか?そのときどんなことをやるのか?などをすべてGUIで選びながら、要件を設定していきます。一通りの設定が終われば即実行!ではなく、検証です。
この検証も、ツールが実施してくれます。移行先の要領が足りないとか、移行データに不備があるなど、移行実施前に不測の事態に備えることができます。

移行対象データの総容量が膨大なときは、段階を踏んで、全開の途中から再開すると言ったことも可能です。変更データは自動的に見つけて、差分的に移行してくれます。
また、すべてを一時に移行するには無理があるときには、最新のバックアップを、移行先でリストアし、その差分、増分を移行して、移行時間を緩和したいところですが、そんな差分、増分の移行対応をこのツールでまかなうことも問題なし。

タイミングよく、緊急のファイル・サーバー移行案件が降ってきました。対象データもなかなかまとまった分量で、一晩での移行は難しそうです。もうすでに現場で実作業を担当する身ではないのですが、移行手段の一つとして提案してみようと思います。