読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

BALANCE OF POWER

f:id:espio999:20140506175843j:plain
これは2005年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものです。

BALANCE OF POWER
大体のゲームではプレイヤーの圧倒的勝利に終わりますね。ある意味、それは娯楽に徹してくれているとも言えます。だって、圧倒的勝利ってあまり現実的じゃないから。現実では、スポーツでも無い限り、勝負事、交渉事における明確な勝敗ってそんなにないと思いますが、いかがでしょう?たぶん、どちらかが一方的に有利に進めて決着するのではなく、どこかで妥協点を見出さなければいけないでしょう?妥協前提の勝利、ある意味、体の悪いwin-winモデル。そんな現実を加味しているゲームある?あります。今日紹介するBALANCE OF POWERがソレ。


BALANCE OF POWERは80年代後半にPC/ATMacintosh、PC98、そしてなぜかMSX2向けにリリースされた所謂、洋ゲー。現在フリー・ウェアとして公開されています。しかも、オリジナルの1985年版だけでなく、データがmodifyされた1990年版も!Home of Underdogsよりダウンロードできます。

プレイヤーは旧ソ連共産党書記長かアメリカ合衆国大統領となって8年間を過ごします。勝利条件は敵国よりも多く自国のシンパを増やし(つまり共産圏か自由主義陣営を拡大する)、より多くのポイント(世界的な威信)を獲得すること。手段は条約締結、経済援助、そして軍事派遣。
自陣営にとって大切な国、地政学的に優位な国にはより多くのポイントが割り振られています。そういう国が敵陣営と親密になられると、同盟国の信頼を失うことになり、自陣営にとっては大ダメージ(威信の激減)。それを防ぎながら、敵国のシンパを自陣営へと導いていくわけです。
自分のターンで、可能な手段を駆使し、自陣営を強化しながら敵陣営を切り崩していくわけですが、全てのアクションがそのまま通されるはずも無く、そのうちのいくつかは懸案事項として交渉を乗り切らなければ実行できません。この交渉が、このゲームでの戦闘。どちらかが譲歩するまで交渉は続きます。その国が敵陣営にとって大切な国であるほど、もしくは敵国が追い詰められている情勢であるほど、抵抗は強硬になります。交渉決裂のたびにデフコン(警戒態勢)が上昇します。デフコン1に達すると、ゲーム・オーバー。核戦争勃発です。

このゲームのいやらしいところはこの交渉。ある国と仲良くなるほど、自国に対する威信が上昇しますが、同時に、それはその国が敵陣営に寝返った時のダメージに繋がります。つまり、同盟国を見捨てることによる威信の低下。そして中途半端な国ほど、体制を変えやすい微妙なポジションにいるんです。

敵国の承認の下、通商条約を結べた!
威信も上昇した!
でも次の瞬間、敵国は軍事顧問を派遣!
抗議するか!?
でも、相互条約じゃないから相手は降りないかも...
でも、ほっといたら敵国の色に染まっちゃって、威信が下がっちゃうよ...
やっぱり、抗議するか。
この抗議で妥協すると、さっき上昇した威信は、そのまま自分のダメージになるばかりか、同盟国の信頼も低下します。なんだか引くに引けなくなってきた。えてしてこういう状況が核戦争の引き金になるんですね。キューバ危機みたいなもんですか。

こうした抗議はその国の情勢だけでなく、敵国の情勢に応じても強行になります。例えば、逆転できないくらいに相手を追い詰めたとします。彼我の威信は圧倒的大差で我が方に有利。こういう時に相手は無茶してくるんです。例えば、中近東に軍事派遣とかね。中近東は地政学的に圧倒的に重要な地位を占めていますから、同盟関係が薄くても見捨てにくいんですね。こういう時は泣く泣く、その地を手放すしか有りません。何でかと言うと、絶対核戦争が起こっちゃうから。威信は激減するけれども、しようが無いね。コレで何度核戦争を起こしたことか...

つまり、相手を追い込みすぎてはいけないということ。コレがすなわちBALANCE OF POWER!勢力均衡状態を維持しながら、僅差の威信で勝利を収めなければならないわけです。
ここ最近のビジネス・シーンでは、なんでもかんでもwin-winのビジネス・モデルが前提な感じですから、社会人的感覚修養として楽しめる一作かもしれません。

ところでこのゲーム、作者自ら

バランス・オブ・パワー デザイナーズ・ノート

バランス・オブ・パワー デザイナーズ・ノート

という攻略本と言いますか解説本をリリースしています。内容はと言うと、こうやったら勝てるよ!と言うものではなく、ゲームを開発するに当たって、ここはこういう風に考えた、とか、この部分はこういう計算をしている、などと言ったゲームのバックグラウンド解説。
この本は確か中学の時に読んだなぁ。ゲームは持ってなかったけど...でも、ゲームは高校に入ってからMSXでやったね。何度核戦争を勃発させたことか...いまだ、精神的に成長途上のようです。