Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

オランダの安楽死適用拡大というニュースについて

下記2つのブログ記事に刺激を受けて、ひさしぶりにブログを投稿してみる気になりました。

【朗報】 オランダ政府、合法の安楽死の対象を人生に疲れた人にも拡大へ - ゴールデンタイムズ
オランダの合法安楽死、病苦の他に人生に疲れた人にも対象を拡大へ

タイトルと記事の内容を見ると自殺自由法のようなものを想像してしまうのですが、実際の記事を読んでみると、そのニュアンスは若干異なるようです。

先の2つの記事で触れられている、英ガーディアン紙が報じたことというのは、こちらの記事を指しているのでしょう。
www.theguardian.com

勝手に全文翻訳してしまうのは問題があるためポイントだけを抜き出してみると、

  • 健康大臣、法務大臣が書簡にて次のことに触れた。

 厳密かつ慎重な基準において、人生を完結させるという考えを持つ者は、いわゆる自身の威厳のために人生を終えることを認められる。

  • 特に健康大臣は次のことに触れている。ただし適用年齢は定めていない。

 高齢者が人生の終末を自分で選択することを望むことから、この制度の適用は高齢者に限定する。

  • 大臣は次のことには同意していない。

 耐えられないほどに苦しめられ、希望もない、しかしながら医療上の根拠のない者からの安楽死要請を適法とすること。

  • 2017年末までの起草を見込んでいる。
  • 安楽死適用範囲がそもそもの基準である「耐えがたい苦痛」が、末期症状患者だけでなく、精神疾患や痴呆患者にも適用されてしまう、という議論を呼ぶだろう。


私自身は、自殺自由法的な安楽死ではなく、尊厳死というのは、例えば延命措置されている患者に適用されるのですが、その範囲を若干拡大する措置を見込んでいるような印象を持ちました。

ちなみに、本題から外れて興味を引いたのは次の話題です。

  • オランダでは安楽死の適用事例は、10年以上、毎年2桁成長で増えており、2015年は5516件、死因の3.9%に及んでいる。
  • 安楽死を要請する患者は増えており、多くの医師が躊躇なく実施している。

安楽死尊厳死と、それを実施する医師の葛藤や免責、法的事柄などなど、それらにまつわる諸々の議論というのは、もうすっかり卒業されてしまったかのような雰囲気を感じます。

impsbl.hatenablog.jp
blog.livedoor.jp
jp.sputniknews.com