Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
これは2008年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。

投資関係の本では、そこで紹介される成功例は、あくまでも著者自身の体験談であったり、あくまでその方法を実践したとしても市況というのはその時その時で異なるため、必ずしも定石的に使えるものではなかったりで、その内容が決して悪いものではなくとも、なかなかその内容の判断が難しいものです。
この本は、そのようなものとは一線を画した本です。

副題にある「投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか」の原題は、Fooled by Randomness。著者は確率論から始まって、戦略的に運用をしようと頭では分かっていながら、なぜあらかじめ決められた戦略に従うことが難しいのか、を理性と感情の対立にまで踏み込んで自身の思想を語っています。

実生活や計画、戦略業務など、投資以外でも何かの決断場面に応用可能な示唆に富む内容で、投資をたしなむ人たち以外にも強力にお勧めできる、非常に興味深くて面白い本でした。

例えば、宝くじを買って大当たりしたとする。一夜にして大金持ちの当人は人生の成功者かもしれません。しかしながら、その大当たりを期待して宝くじを買い続ける人生というのはどうだろう?
モンテカルロ法のように、当人の人生を何百回、何千回とシミュレーションしたとする。果たして何回、その大当たりに遭遇できるだろうか?千載一遇のその機会を捉える人生とそれ以外の人生の生涯資産額にはかなり大きな幅ができるだろう。
そんな千載一遇の機会をたまたま捉えたのは、当人の実力ではなく、あくまでもたまたまの運。ここでは宝くじを例に持ち出したが、それは投資についても同じことが言える。大成功しても、それはたまたまの運であって実力ではない。
ならば、そんな結果に大きな幅のあるものよりも、どんな場面においても、ほぼ一定の結果を期待できる戦略を実行する方が、賢く効率的ではなかろうか?この本はそのようなことを、様々な側面から語っています。

面白いのは、そのような戦略を実行しようと頭では考えていても、いざ決断の場面になると、その実行が難しいこと。理性と感情の対立です。
その感情の元となる脳の情緒をつかさどる部分を取り去ってしまえば、確実に理性に従うことができるのではないか?その部分を取り去ってしまうと、面白いことに人間は決断ができなくなってしまう。つまり理性的な判断による決断というのは、なぜか情緒的な要素が必要であるという、なかなか哲学的な示唆にまで言及は及びます。

さらに面白いのは、訳者のあとがきにて明かされる、ある意味ネタバレ的なオチ。筆者の運用方針は変動の少ない、確率論に基づいたポートフォリオ戦略。そのため戦略が異なる、いわば一発当ててやろう、当ててやった的な投資家、確率論が信じられない、理解できない投資家を本書の中でこき下ろすわけです。当たっているときは機嫌もよく、気前も良いが、そうではないときには態度が一転する。確立や運、いわゆるランダム性に翻弄されるバカ=Fooled by Randomnessとは、そういう人たちのこと。
しかしながら、そんな様子を半ば馬鹿にしながらも、戦略は全く異なれども、実は著者もそんな人間の一人であるというくだりは、本書を深く読み進めた読者ほど、「まさか!?」的なオチとしてさらなる意外性と面白さ感じられることでしょう。

資産運用、株式投資的な題材を扱っていながらも、本書の本質は、いかに戦略や計画に従った決断、行動をすることが難しいのか、ということを延々と、題材を様々に取り換えながら語っているわけです。

第1章:そんなに金持ちなら頭が悪いのはどうしてだ?
第2章:奇妙な会計方法
第3章:歴史を数学的に考える
第4章:たまたま、ナンセンス、理系のインテリ
第5章:不適者生存の法則
第6章:歪みと非対称性
第7章:帰納の問題
第8章:あるいはとなりの億万長者でいっぱいの世界
第9章:卵を焼くより売り買いする方が簡単
第10章:敗者総取りの法則
第11章:偶然と脳
第12章:ギャンブラーのゲンかつぎと箱の中のハト
第13章:カルネアデス、ローマへきたる
第14章:バッカスがアントニウスを見捨てる

偶然性、確率と戦略、計画と実行、理性と情緒、これらの概念は投資だけでなく、人生においても適用可能な要素と言いますか、常につきものな要素です。投資をたしなむ人だけが興味を持つには非常に惜しい本だと思います。