Technically Impossible

Lets look at the weak link in your statement. Anything "Technically Impossible" basically means we haven't figured out how yet.

神は日本を憎んでる - God hates Japan

これは2005年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。ダグラス・クープランドの邦訳最新刊ですが、すでに2001年の本。なぜかこれ以降の作品が邦訳されていません。 取り上げる題材と、そのポップな仕上げ方から、ダグラ…

RESPECT、交渉における7つのステップ

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。ビジネス選書&サマリーというメール・マガジンがある。毎週、メルマガ作家が選んだ書籍のサマリーを配信するというもの。 読みたい本があっても、そのすべてを読む…

健康という幻想

これは2006年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。フランス人と言うとスノッブで気取ったイメージ、特にそれが社会分析や哲学の分野だと、フランス文化賛美やハリウッドをはじめとするアメリカ批判で更に尊大なイメ…

アメリカ国防総省直伝 プロジェクト・マネジメント実戦教練ブック

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。PMBOKは良い実務慣行として一般的に認められているものをまとめたものです。別の表現をすると、それは知識の羅列でもあるため、 ある知識が、どのようなことを意図…

超限戦 - Unrestricted Warfare

闇株新聞の本日のエントリーこのようなことが書いてありました。China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」 | 闇株新聞 その「ある疑念」とは、中国の経済低迷による世界的な景気減速や原油など資源価格の急落、それに人民元下落と上海株式急落に…

田宮模型の仕事

これは2006年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。日本が誇る世界ブランドの一つ、田宮模型の創始者、田宮俊作による自叙伝。そのハードカバー版が文庫本として再版されたもの。文庫本化に当たり、ハードカバー版で…

空想プロジェクトマネジメント読本

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。初めて接する、学ぶ事柄について、そのものズバリを懇切丁寧に教えてもらったところで、その内容と教わる側の認知構造が合致しなければ、中々モノにはなりません。…

道しるべ

これは2006年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。国連第2代事務総長、ダグ・ハマーショルドの1953年から1961年までの日記。日記とはいえ、今日どういうことをした、どんなことがあったといったものではない。ある部…

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

これは2008年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。投資関係の本では、そこで紹介される成功例は、あくまでも著者自身の体験談であったり、あくまでその方法を実践したとしても市況というのはその時その時で異なるた…

間違いだらけの学習論―なぜ勉強が身につかないか

これは2006年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。先生のための先生が書いた本。学習について、その仕組み、どのようにすれば学習内容が印象に残るのか?そのためにはどのような工夫をしなければならないのかを、事…

自殺自由法

これは2004年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。政府公認で自殺ができる世界で、人間心理の闇を探る問題作という紹介がされていますが、そんな大層な印象は感じられませんでした。どうしてそのような法律が執行さ…

かもめのジョナサン

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものに加筆したものです。 『カモメのジョナサン』といえば、夏休みの課題図書の定番で、新潮文庫の夏のラインナップにいつも並んでいた記憶があります。とはいえ、タイトルだけはよく見かけ…

読書効率を倍増する方法

これは2007年に投稿したエントリーで、以前のブログから引き継いだものです。みんな、本を読まなくなった、と言われて久しいけれども、BlogやLife Hackの影響か、そんなことが語られていた当時に比べると、みんな本を読むようになったんじゃないの?と感じて…